ACC商品

商品詳細はこちら 販売店舗

 

※法人様への販売のみとなります。個人のお客様は、販売店さまよりご購入ください。 お取引について、
製品詳細については、コチラよりお問い合わせください。 

 

ACC PRO

 

ACC

 
究極の電気接点回復剤
ACC – Audio Clear Coating

 

★特徴

ACCに含まれる微細粒子は世界で唯一の極小分散体です。一次粒子は微細擬球状をしており、表面に導電体が固着していることにより電気導電性があり、特に高周波領域におけるインピーダンスを低下させます。また、表面吸着活性があり帯電防止効果があります。

沈殿しないため安定した性能を保ちます。これらの特性により、電気接点に塗布することで音質・画質等の向上効果があります。電気伝導率は、電子密度と移動度の積に比例します。電子密度は、その金属の性質(素材と加工の結果による)で決まります。

 

ACC G1

 

上記(概念図:1)は、それぞれ単結晶・多結晶・非晶質の材料を 例として示しています。単結晶材は、全ての結晶面が均一であるため平坦な舗装道路のように移動度が高く、電子が高速で流れます。多結晶材は、多数の結晶粒の集まりであるためその境目に凸凹があり舗装が途切れた道路となって電子が高速に流れず、移動度が落ちます。非晶質材(アモルファス)は、均一に結合していないため舗装が無い凸凹道になり電子が高速に走れず、移動度は更に低下します。

 

ACC G2

 

電気接点は綺麗に滑らかに加工してあるように見えますが、実際に はミクロ状で見ると非常に粗い面で凸凹になっており、それらが接触しても「点と点」との接触であるために、極めて電子の移動を妨げてしまいます。その凸凹に、世界で唯一の3ナノメータ (1ナノメートルは1 mの10億分の1) ナノダイヤ粒子(概念図:2)が無数入り込んで表面を均一化することで凸凹が滑らかになり、電子が高速に移動できるようになるのです。すると(電気伝導率はその接点材料の特長によりますが)電子移動度との積に比例して超高速で電子が流れるようになり、電気伝導率が改善されます。非常に複雑で微妙な信号伝達を求める音響・通信分野・並びに大きな電流を流す電力接点などは、その接点抵抗が低下し、自己発熱を低下させることで電力損失を改善します。

このナノダイヤ粒子は内部のダイヤモンドが半導体化しており、そのナノダイヤ粒子の電子移動度は、電子で約1800/正孔で約1600であります。超高速半導体のGaAs最先端技術による材料は、電子で約8000/正孔で400であり、ナノダイヤ粒子はこの材料に次ぐ電子移動度に優れた材料です。
金属は全てが接触点の温度が上がると電気抵抗は増加しますが、半導体は逆に低下する傾向があります。その半導体化された粒子が接点の隙間に無数に入り込んで電気抵抗を低減させるとともに、熱伝導が良いので内部発熱を放出する事も加わり、高周波電流がより流れやすくなります。

※ACCの素材は、米国特許に基づき加工された素材であり、世界で唯一の材料です。更にコロイド液状に分散されており沈殿、凝集しない非常に安定した材料です。

ACCをシステムのあらゆるあらゆる電気接点に使用してみてください。
これまで接点でどれほどのロスが生じていたかお分かり頂けることでしょう。

 

ACC PG

 

■仕様

●成 分:精製水、ナノダイヤ微細粒子、エタノール水溶液
●内容量:3ml

 

 ■使用方法

  1. 接点に出来るだけ少量を塗布し、布等でよくふき取り塗布部位が乾燥した状態を確認してから結合して下さい。
  2. 塗布後は溶液に汚れが入らぬようハケの汚れを落としてからビンに戻して下さい。

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & Dsign by Icom,Inc.